ラジコンのおすすめ充電器&比較 【2018年3月更新】

公開日: 2016年2月2日火曜日 ラジドリ


ラジコン用バッテリーを充電するためには、
専用充電器が必要です。

充電器を選ぶにあたっての指標として、
一般的に充電電流や電圧などのスペックで
判断すると思いますが、充電器については
このスペックだけでは性能や信頼性を
判断できません。

機種によってはうまくバランスがとれず、
充電の質が悪く、結果的にバッテリーの
寿命を縮めてしまうものも
・・・(汗)

じゃあ、どうやって判断するかというと、
口コミやレビューだったりするのですが
あまり有用な情報が転がっていないのが
現状なんですよね。


そこで自分の周りで実際に評価の高い、
また実際に使用率の高いモデルを紹介
したいと思います。

ラジコン用充電器を購入の際の
参考にして頂ければ幸いです^^

今回は特に利便性を考慮して、
安定化電源の不要なAC対応モデルとします。


スポンサーリンク


オススメ充電器の解説と比較


2018年3月追記!
■G-FORCE ISDT D2 Smart AC Charger


対応バッテリー: LiFe/LiION/LiPo/LiHv/NiMH/NiCd/Pb
対応セル数: LiFe/LiION/LiPo/LiHv(1-6S)、NiMH/NiCd(1-16S), Pb(1-12S)
入力電圧 AC 100-240V
充電電流 0.1A~12.0A
放電電流 0.1A~3.0A
寸  法:120×108×70(mm)
重  量:510g


解説
ドローンなど空物で評判のあるISDT社の充電器です。
個人的に空物で評判の良いバッテリーや充電器と
いうことは信頼性の指標になると考えてよいと
考えていて、こちらは今注目のメーカーです。

小さな筐体ながらAC対応で2系統同時充放電でき、
USBポートも内蔵するという優れモノ。

12A充電まで対応しているので、普通に使う分には
全く困りません。基本的に通常10A以上で充電する
ケースはありませんから^^

充電器って表示言語が英語でわかりにくいことが
多いのですが、こちらは日本語表示が可能で、
視認性と操作性がかなり良くなっています。

充電、放電、バランス充・放電、ストレージ機能etc、
充電器に求められる機能はすべて対応していて、
私が今買うならこのモデルでしょうか^^

本当にいい製品だと思います。






尚、この充電器を利用の際はバッテリー
に合わせて下記のコネクタケーブルが
必要になります。

バッテリーが2ピンコネクタの場合




バッテリーがタミヤコネクタの場合







■ハイテックACバランスチャージャーX1 Pocket



対応バッテリー: Li-Po、Li-Fe、Li-Ion、Li-HV、Ni-MH、Ni-Cd、PB(鉛)
対応セル数: Li-Po/Li-Fe/Li-Ion/Li-HV:2~4セル、NiMH/Ni-Cd:6~8セル
入力電圧 AC 100-240V(0.85A 最大)50Hz-60Hz
充電電流 0.1A~6.0A(60W)
放電電流 0.1A~2.0A(最大10W)
寸  法 112 × 106 × 52 mm
重  量 310g


解説
RCヘリなどで実績のあるハイテックの
エントリーモデルです。
リポバッテリーは、RCヘリ用として
EPカーにリポが使われるようになる
ずーーーっと以前から使われていた、
いわば老舗メーカーなのがハイテック。

6A充電まで対応しているので、
普通に使う分には全く困りません。
まあ、通常6A以上で充電するケースは
ありませんからね^^

充電、放電、バランス充・放電、
ストレージ機能etc、充電器に求められる
機能はすべて対応しています。

普通に充電できればOKという人へは
この充電器で十分だと思います。









2018年3月追記!
■ハイテックマルチチャージャー X2 AC PLUSⅡ



対応バッテリー:Li-Po、Li-Fe、Li-ion、Li-HV、Ni-MH、Ni-CD、PB
対応セル数:Li-Po/Li-Fe/Li-Ion/Li-HV:1~6セル、NiMH/Ni-Cd:1~15セル
入力電圧:AC100~240V/DC11~18V
充電電流:0,1A~10.0A(両ポート使用で合計100Wまで)
放電電流:0.1A~2.0A(各ポートで最大10W)
寸  法:D153×W140×H67mm
重  量:668g


解説
RCヘリなどで実績のあるハイテックの定番モデルです。
リポバッテリーは、RCヘリ用としてEPカーにリポが
使われるようになるずっと以前から使われていた、
いわば老舗メーカーなのがハイテックです。

人気のマルチチャージャーX2 AC PLUSの後継モデル。
目玉はBluetoothでスマホと接続しスマホアプリで
充電や放電の設定をQRコードで設定し簡単に管理が
できます。

10A充電まで対応し、2本まで同時充電が可能です。
またUSB内蔵で、スマホやタブレットの充電も可能。
リポを2本とスマホを同時に充電すると考えても、
単純計算でリポは4A充電ができてしまうのは
便利で頼もしいですよね^^


充電、放電、バランス充・放電、ストレージ機能etc、
充電器に求められる機能はすべて対応しています。









2016年11月追記!
■ヨコモ YZ-114 PLUS


解説
ヨコモワークスドライバーも愛用する
信頼と実績のモデルです。

HV(ハイボルテージ)仕様Li-poバッテリーにも
対応し、充電電流6A、放電2Aをベースとして、
バランス充放電機能やサイクル充放電機能、
ファストモード、ストレージモード、
Ni-MH・Ni-cdバッテリーのリピーク機能等
多様なプロファイルを内部メモリに10件記憶
することができます。

さらに、バッテリーの内部抵抗計測や電圧監視、
充電時の電流制限、容量制限、温度制限、
充電時間制限など、安全面でも優れた機能を
搭載している優れものです。

またアクセサリ用に使えるUSBを装備している
のでスマホの充電もできて便利です。


充電器の選択では間違いのないモデルです^^









2017年4月追記!
■ハイテック multi charger X1 RED



対応バッテリー:Li-Po、Li-Fe、Li-Ion、Li-HV、Ni-MH、Ni-Cd、PB(鉛)
充電電流:0.1A~6.0A(最大60W)
放電電流:0.1A~2.0A(最大5W)
入力電圧:AC100~240V 50Hz-60Hz / DC11~18V
サイズ/重量:159 × 72.5 × 123 mm/470g


解説
RCヘリなどで実績のあるハイテックの充電器です。
リポバッテリーは、RCヘリ用としてEPカーに
リポバッテリーが使われるようになるずっと
前から使われていた、いわば老舗メーカー
なのがハイテック。

本体はスリムでコンパクトなタワー形状なので
ピット周りを有効に活用できます。
出力系を本体前面に集約、コードの取り回しも楽々。
USBポート(5V2.1A)を装備しスマホや
タブレットを充電可。
別売の温度センサーを装着すればバッテリー温度
を表示できます。
バッテリーメーター機能搭載でバッテリーの状態
を簡単に確認/把握可。
新世代高電圧リチウム電池「Li-HV」対応モード搭載。

充電、放電、バランス充・放電、ストレージ機能etc、
充電器に求められる機能はすべて対応しています。

6A充電まで対応しているので、バッテリーを普通に
充電する分には必要十分です。







まとめ


この記事ではAC対応のオススメ充電器について書いてみました。

サポート面や信頼性を考慮するとヨコモの製品はスタンダードとして
間違いない選択といえます。

また信頼性、利便性、機能性、更に斬新さをトータル的に考慮した際、
ハイテック製品も間違いのない選択であると私は考えています。


先にも書きましたが、充電器はスペックだけでは判断しきれないもの
があります。しっかりバランスがとれることなど、充電の質が大切であり
質が悪いとバッテリーの寿命にも影響しますので、価格にとらわれず、
しっかり選ぶようにしましょう。







シェア/フォローしてもらえると励みになります!
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A